SCENE
SHIZUOKA

d design travel showと出版記念パーティー

D&DEPARTMENT SHIZUOKAにて17年6月25日に『d design travel 静岡』出版記念パーティーがおこなわれました。

イベントでは、前半は『静岡号』掲載の各カテゴリごとに2記事ずつピックアップして、取材時のお話をトークショー形式で、後半は静岡の海と山の幸を使用した美味しい食事を囲んでの立食パーティーとなりました。

『静岡号』に掲載されているショップの方やパートナー企業の方々を中心にアンテナが高く、地域に関心と愛のある人達で会場はとても賑わっていました。

日曜の夕方、とても多くの方で賑わっていました

会場では『静岡号』も先行発売

D&Dの前に広がる田んぼと静岡大学のある山々を見渡せる独特な風景が好き

トークショーではナガオカケンメイさんと副編集長さんのお二人から編集話を伺うことができました。

『静岡号』の表紙はKIGIの渡邉良重さんが〈クレマチスの丘〉を描いたイラストレーションで飾られていますが、100案ほどのアイデアから慎重に、静岡らしさと、本の表紙からしっかりと多くの人に魅力が伝わり、結果的に本が売れるかどうか?を熟考して決定したそうです。

スライドでは貴重な別案もいくつか紹介されていました。タミヤ模型やアトリエぬいや、サングラムカフェなども候補にあったそうです。

ナガオカケンメイさんをはじめ、県外の編集の方々から、他県にはあまり例のない誇るべき施設やイベントですよ!などと自分の知っている静岡の色々をプッシュしていただくと、また認識も新たになって新鮮な気持ちになりました。これから力を入れていくべき方向性や静岡らしさを理解し、どう活かすのか?ヒントになったのではないでしょうか。

特に印象的だったのは少し横道にそれた話題で、ナガオカさんが富士宮に移住したお話。

もともと〈スターネット〉の馬場浩史さんに自宅のデザインを依頼してそのまま栃木に移住する目論見だったのが、馬場さんの体調不良を理由に弟子を紹介されてしまった。それが沼津を中心に活躍されていた建築家〈ケンブリッジの森〉主催の藤原慎一郎さんだったとか。

そういった縁を大切にしたフットワークの軽さがこの人の魅力なんだなと感じる。当時バリバリの野心を燃やしてグラフィックデザイナーをしていたナガオカさんが、〈ロングライフ〉というコンセプトを見つけてあっさりデザインプレイヤーを捨て、自分の仕事をつくり、今は多くの人の共感を集めて働いている。

デザインを理解し、駆使できる活動家はやっぱり強いなと感じさせてくれます。

立食パーティーでは〈北山農園〉さんの滋味深く、味の濃い新鮮な野菜をはじめ、たくさんの料理を頂きました

D&D店長さんはじめスタッフの方々から一言ずつ挨拶がありフィナーレへ

D&DEPARTMENT SHIZUOKAでは〈d編集部の静岡ぐるぐる〉と題して、7月30日まで『静岡号』掲載の「dマーク」協力各地に『静岡号』を持参すると、「d design travel オリジナルスタンプ」を押すことができるイベントを行っているそうです。

掲載店はどこも素敵なところばかりですので、この機会に静岡をぐるぐるとまわってみるのも楽しいのではないでしょうか?

information
D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA
住所 〒422-8034 静岡県静岡市駿河区高松1-24-10
営業時間 ショップ 11:30 – 19:30 ダイニング 11:30 – 22:00(火曜定休・祝日の場合は変更有り)
TEL 054-238-6678
WEB D&DEPARTMENT SHIZUOKA by TAITA
ARTICLE TOP